大黒摩季 Maki OHGURO
 会場:幕張 
札幌市出身、1992年「STOP MOTION」でデビュー。 2作目のシングル「DA・KA・RA」を始め「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などのミリオンヒットを立て続けに放ち、1995年にリリースしたベストアルバム「BACK BEATs #1」は300万枚を超えるセールスを記録する。 1997年、東京・有明で行われた初ライブでは47,000人を動員し、その存在を確固たるものにする。 2010年病気治療のためアーティスト活動休業。その間は、地元・北海道の長沼中学校に校歌を寄贈、東日本大震災により被災した須賀川小学校への応援歌・歌詞寄贈、東日本大震災・熊本地震への復興支援などの社会貢献活動を主に行ってきたが、2016年6月20日に、アーティスト活動再開を宣言。 そして8月10日に約6年ぶりとなる新曲「Higher↗↗ Higher↗↗」を配信リリース。同月13日、ライジングサン・ロックフェスティバルでの出演を皮切りに、故郷である北海道からアーティスト活動を本格化し、「Higher↗↗ Highe↗↗ ~Single ver.~」も収録したベストアルバム「Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles+~」を11月23日にリリースした。 25周年を迎えるにあたって、2017年2月より1年半に渡る全国47都道府県ツアーをスタートさせた。
中西圭三 Keizo NAKANISHI
 会場:幕張 
1964年11月11日 岡山県倉敷市出身。1991年3月25日「タンジェリンアイズ」 でPioneer LDCよりデビュー。昨年度はデビュー25周年を迎え、2枚組ベスト盤「All Time Best ~KEIZO’s 25th ANNIVERSARY~」をメーカーの壁を越えて選ばれた30曲を収録し、Warner Music Japanよりリリース。更に、キャリア初のライブ盤をamazon recordsよりリリースした。1991年ダンスボーカルユニット・ZOOに提供した「Choo Choo TRAIN」はJR Ski Skiのタイアップと共にミリオンヒット。2003年にはEXILEによってカバーされ、再びミリオンヒットとなる。1992年、自らの楽曲「Woman」「You and I」がカメリア・ダイアモンドのCMタイアップとともにヒット。 同年、「Woman」で日本レコード大賞・作曲賞を受賞。同日に、第31 回NHK・紅白歌合戦へ出場。2ndアルバム「Yell」 3rdアルバム「Steps」4thアルバム「STARTING OVER」はオリコンアルバムチャートNo.1に。Peabo Brysonに提供した「LIGHT THE WORLD」(デビーギブソンとのデュエット曲)が収録されたアルバムはグラミー賞にもノミネートされる。社会貢献として、児童虐待の啓蒙運動である「オレンジリボン運動」や様々なチャリティー活動への参加。東日本大震災から端を発した日本中の家族を音楽で元気にする国づくり「ぼよよん共和国プロジェクト」の発足。実際にその土地に行って、地元の人たちも参加する、地産・地唱を目指した楽曲制作活動を展開。 地域や国境、さらにはさまざまな境遇を超えた音楽でのコミュニケーションを目指して精力的に活動を続けている。
Official Web Site | Twitter | Facebook
清塚信也 Shinya KIYOZUKA
 会場:幕張 
5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子、加藤伸佳、セルゲイ・ドレンスキーに師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業後、モスクワ音楽院に留学。 1996年第50回全日本学生音楽コンクール全国大会中学校の部第1位。2000年第1回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 第1位、2004年第1回イタリアピアノコンコルソ金賞、2005年日本ショパン協会主催ショパンピアノコンクール第1位など、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。人気ドラマ「のだめカンタービレ」にて玉木宏演じる「千秋真一」、映画「神童」では松山ケンイチ演じる「ワオ」の吹き替え演奏を担当し、脚光を浴びる。知識とユーモアを交えた話術と繊細かつダイナミックな演奏で全国の聴衆を魅了し続け、年間100本以上の演奏活動を展開。ポーランド国立放送交響楽団、ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団等と協演するほか、2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビューするなど、年々活躍の幅を広げ、2015年10~12月放送のTBS系金曜ドラマ『コウノドリ』(主演:綾野剛)ではピアノテーマおよび監修を手掛けるほか、ライブハウスのマネージャー役でも出演。2016年12月7日発売のニューアルバム「KIYOZUKA」もBILLBOARD Japan「クラシック部門1位」を獲得。
ANRI 杏里
 会場:神戸・新潟 
1978年に「オリビアを聴きながら」でデビュー。 1983年には「CAT'S EYE」「悲しみがとまらない」の大ヒット曲を出し、日本全国にアーティスト"杏里"の名を広める。 その後もCMソングやテレビ主題歌の数々のヒット曲やダンスミュージックをはじめ、さまざまなジャンルの音楽を生み出し話題を呼ぶ。 1998年には、長野オリンピックでの公式イメージソング「SHARE~瞳の中のヒーロー~」をリリースし、閉会式では「故郷」を熱唱し世界にその映像が放映された。 2010年JAL(日本航空)のオリジナルソング「I Will Be There with You~あふれる想い」を、世界的名プロデューサーであるDavid Foster作曲の元、レコーディング(日本語歌詞:吉元由美) 。2016年8月3日には海外アーティストとのコラボ楽曲や洋楽テイストの楽曲をセレクトしたコンセプトアルバム「Melodies –Smooth & Groove-」を発売し、オフィシャルファンクラブサイト「Sol」もスタートした。 プロデュース、作曲、作詞、他のアーティストへの楽曲提供等も積極的に行い、国内外を問わず、幅広い活動を行っている。 また、アーティストとしてだけでなく、幅広い世代の女性から杏里のライフスタイルやファッションには、いつも熱い支持を受けている。
Official Web Site
藤澤ノリマサ Norimasa FUJISAWA
 会場:神戸・新潟 
「ポップス」と「オペラ」を融合した「ポップオペラ」というスタイルを提唱するヴォーカリスト。 武蔵野音楽大学を卒業後、08年『ダッタン人の踊り』でデビュー。 全国各地で100本を越えるインストアイベントを行い、ライブでは、ヴォーカリストとしての存在感と圧巻のパフォーマンスで見る者を圧倒する。 2013年、デビュー5周年を迎え6月に東京・Bunkamuraオーチャードホールと大阪・梅田芸術劇場メインホールで「藤澤ノリマサ5th Anniversary CONCERT」を開催。2公演で4000人を動員し、同年冬には、全国12都市13公演「藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2013」を開催。 2015年4月には神奈川KAAT芸術劇場を皮切りに「藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2015」4都市6公演で開催。同年冬には「藤澤ノリマサ CONCERT2015 ~X mas with you~」を北海道・大阪・東京で開催。 12月9日にワーナーミュージック移籍第1弾シングル「愛の挨拶~夜空に星を散りばめて~/Brand New Day」が発売された。昨年8月24日にニューアルバム「MESSAGE」が発売。9月から、全国14都市14公演にわたる「藤澤ノリマサ CONCERT TOUR 2016」を開催。12月は大阪、東京、札幌で「藤澤ノリマサ CONCERT2016~Xmas with you~Vol.2」を行った。最近ではNHK「歌謡コンサート」「うたコン」、CX「水曜歌謡祭」「MUSIC FAIR」「FNS歌謡祭2016」などに出演し、あらゆるジャンルの楽曲を披露している。
Official Web Site | LINE Blog | Twitter
木下航志 Kohshi KISHITA
 会場:神戸・新潟 
1989年5月8日鹿児島県で生まれる。未熟児網膜症の為、生後一か月で失明。 2歳からピアノをスタート。8歳からストリートライブをスタート。10歳の時 NHKのドキュメンタリーTV番組にて紹介される。13歳で初のニューヨーク ライブを実現。14歳で再びNHK「木下航志14歳の旅立ち」で紹介され、 大反響を得る。2004年アテネパラリンピックのNHKテーマソングを担当。 2005年愛・地球博EXPOのジャパンウィークに参加。同年九州限定シングル 「通り雨」をリリース。2006年デビューアルバム「絆」をリリース。 2007年セカンドアルバム「VOICE」をリリース。2008年盲学校高等部を 卒業。サードアルバム「WE GOT RHYTHM」をリリース。2009年ニューヨーク 国連本部にてパフォーマンスを行う。2011年10月には自身初のフルアルバム「Kohshi」をリリース。2014年デビュー10周年を記念する初のカバーアルバム「Wonderful World」をリリース。2017年3月駒沢公園陸上競技場にて行われた“パラ駅伝in TOKYO2017“にて国歌斉唱。5月初のベストアルバム「サンキュー!」をリリース。 今夏公開予定映画「クロス」の主題歌「輝く明日へ僕は歩く」を担当。
Official Blog
 

TOP